妊娠線は予防できる|妊婦さんだって綺麗でいたい

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

洗うスキンケアで肌改善

ソープ

W洗顔でスキンケア

近年、洗浄力の高いクレンジング剤によるゴワつきなどの肌トラブルなどから、W洗顔ができる洗顔石鹸が人気を高めています。ナチュラルメイクやベースメイクのみを施す女性から支持されており、メイク汚れや古い角質も2つの洗顔石鹸でスッキリ洗い落とすことが可能です。一般的にW洗顔はクレンジング剤と洗顔料によるケアが挙げられていますが、石鹸による洗顔と洗顔で2つの役割を担っています。汚れを落とすだけのクレンジングに対し、キメを整える役割も持たせているため、1つ目の石鹸でしっかり肌を労る落とし方が可能です。肌には常在菌となる善玉菌が悪玉菌に対抗するために活動していますが、マイルド処方の石鹸は細菌を適度に洗い流すことができるため、ニキビや吹き出物のトラブルを予防できる利点も挙げられています。また、汚れを落として2つ目の石鹸で潤いを逃がさず閉じ込めることで、つっぱり感のない洗い上がりも評価されている内容です。

肌質で選ぶ石鹸

洗顔料を選ぶ場合には肌質がポイントとなり、乾燥肌とオイリー肌では洗顔石鹸の選び方1つで肌に様々な変化が生じます。例えば、乾燥肌タイプの特徴として、水分と皮脂の量が少ないために洗顔石鹸では洗浄力が強過ぎてしまうと肌がつっぱり、潤い成分が配合されていても蒸発しやすく、乾燥するスピードが早まってしまいます。洗浄成分では皮膚への刺激が極めて少ない天然由来のアミノ酸系など、肌と同じPhも重視したタイプを選択するのがポイントです。逆にオイリー肌の場合の洗顔石鹸の選び方として、過剰な皮脂を取り除く洗浄力の高さがポイントとなります。テカりやニキビなどが気になる肌質でもあり、洗い上がりもサッパリし、泡切れの良い石鹸選びが肌にニキビ菌などの細菌を繁殖させないポイントです。